理想の未来、現状の整理ができたら、あなたの個性を言語化していきます。

ここ、非常に大切です。

なぜなら、こんな悩みを抱えたことはないですか?

  • 自分の強みがわからない、、
  • なにが得意なんだろう、、
  • 自分にはなにもないし、、

そう、99%の人が、個性がわからずに苦しんでいます。

とくに、HSPさんは自己効力感、自信が低い傾向にあるので、余計「自分にはなにもない、、」となりやすい。

もちろん僕も、ニートを5回も経験するなかで、「自分の強みってなんなの?」と、禿げるほど悩みました。笑

 

強みは誰にでもある

前置きが長くなりましたが、結論、強みや得意がない人なんていません。

どんな人にも、なにかしら光るものがあります。

よしき
よしき

じゃあなんで見つからないのか?

その理由は、気づいていないだけなんです。

たとえば!
  • 呼吸
  • 歩く
  • まばたき

って、意識しておこなっていますか?

きっと、当たり前すぎて、自分がまばたきしたことに毎回気づく人なんていませんよね。

これと同じで、あなたの強みや得意は、あなたにとって当たり前すぎて、自分では気づけないのです。

よしき
よしき

じゃあ、どうやって見つけるのか?

 

過去の感情が強みの鍵

それが、「過去の感情分析」です。

あなたの強みや得意なことは、

  • 意識しなくても人並み以上にできる
  • できない人を見るとイラッとする
  • やっていてワクワクしてしまう

など、感情が動くポイントがあります。

そこ細かく分析することで、強みや得意の仮説を立てることができます。

 

感情分析のやり方

やり方はかんたんです。

ワークシートの『過去の感情分析』のタブをひらき、

過去の仕事や部活、趣味を書く

続いた続かなかった関係なく、すべて書き出してみましょう。

それぞれを細かく分解する

すべて『動詞』で分解してください。僕の例を後述します。

感情がプラスになる動詞を赤に

「自然とできた」、「ワクワクした」、「無心にやっちゃう」など、プラスな感情の動詞を赤ボックスへ。理由もノートに手書きしましょう。

感情がマイナスになる動詞を青に

「やりたくない」、「全身がこわばる」、「思い出したくもない」など、マイナスな感情の動詞を青ボックスへ。理由もノートに手書きしましょう。

仮説を立てる

赤も青も、「なぜそう感じたのか?」を深掘り、理由を見つけましょう。共通点も意識して探してみてください。

まずはここまでできればOKです。

仮説を立てたら、一緒に話しながら名前をつけていきます。

よしき
よしき

ここはまたzoomで解説するね!

 

よしきの場合

たとえば、僕はゲストハウスという宿の支配人をしていたことがあります。

が、宿の仕事とひとことで言っても、

  • 朝ごはんの準備
  • ベッドメイキング
  • 館内の掃除
  • フロント対応
  • 電話対応
  • カフェバーの対応
  • 予約のメール返信
  • お客さんとの会話

動詞で細かく書き出すと、たくさんの業務が出てきます。

このなかで、

  • 自然と体が動いてしまう
  • やっていて苦に感じる

ものを、感情や当時のストーリーを思い出しながら、それぞれピックアップしていきます。

よしきの場合!
  • フロント対応やお客さんとの会話は赤
  • カフェバーの対応や電話対応は青

となると、飲食やコールセンターの仕事はたぶんしんどい。

逆に、自分のペースで人と話せる仕事が得意。

という仮説が立てられます。

 

パターンを見つけるのが大切

これを仕事や部活など、過去に取り組んだもので言語化していくと、あなたなりのパターンが見えてきます。

よしき
よしき

それがあなたの得意や強み、個性のヒント!

これなら、なにかひとつくらいは見つかりそうじゃないですか?

実際に、僕も過去の感情分析をおこない、

  • ブログ(文章を書く)
  • コーチング(1対1で深く話す)

が得意であることがわかり、いまの仕事のメイン軸になっています。

すると、どうなったか?

毎朝5時半に起きて、「今日も早く仕事がしたい!」と思いながら6時前にはパソコンの前で文章を打つ生活を送っています。

よしき
よしき

「えー、そんな朝早くから働きたくない」って声が聞こえてきそう笑

ですが、自分の強みだけを活かせているので、まったく苦じゃないんです。

むしろ、「仕事ができないなんて嫌だ!」と、人からの誘いも断るくらい。笑

このおかげで、

毎日、自分らしい生き方ができてるなぁ

と心の底から思えています。

なので、いまは得意や強みがわからない人も大丈夫。

過去の感情分析は欠かさずにやってみましょう。

 

まとめ

まとめ!
  1. 過去の仕事や部活、趣味を動詞に分解
  2. プラスの感情になる動詞を赤に
  3. マイナスの感情になる動詞を青に
  4. 理由を考察し、仮説を立ててみる

ここまでやると、なにかしら個性が見えてきます。

大事なので、もう一度伝えます。

強みは当たり前にできすぎて、自分では気づけない

なにもない人なんていなくて、ただ気づいてない人がいるだけです。

そのことを忘れずに、眠っていた強みや得意を見つけにいきましょう!

記事URLをコピーしました